雑記

地下室の音楽

音楽、本、近状報告など

FAR CRY ドルフィーに見るパーカーの影響

ドルフィーとブッカーリトルのアルバムでは、最も初期に当たるもののようです。


【輸入盤LPレコード】Booker Little/Eric Dolphy / Far Cry(ブッカー・リトル&エリック・ドルフィー)

 

ERIC DOLPHY, alto sax,bass clarinet,flute

BOOKER LITTLE, trumpet

JAKI BYARD, piano

RON CARTER, bass

ROY HAYNES, drums    Dec 21, 1960

実際ドルフィーのフレーズは、コルトレーンのアルバムや「last date」と比べるとだいぶ正統派よりに聞こえます。ノリの強さやスピード感は既にドルフィー独自のものがありますが、後の彼の特徴である音の跳躍距離を生かしたフレーズがまだあまり多用されていません。なので全体的にビバップの影を色濃く感じます。

私、ドルフィーの「miss ann」はとても好きな曲ですが、特にこのアルバムのバージョンは気に入っています。ピアノのジャッキー・バイアードが何やら不思議なことをしていて面白い上に、ロイ・ヘインズもスネアのおかずが多くてかっこいいです。あとドルフィーのアルトの音が他と比べ身軽そうに聞こえるところもいいです。

さらに特筆すべきは「it's magic」におけるバスクラの美しさでしょう。ファイブスポットやエピストロフィの禍々しさとは打って変わり驚くほど美しい演奏です。この音からは異国情緒というか、どこか民族楽器に近い印象を受けます。あと凄い生物感。